SHOOTING・COLOR GRADING -撮影・カラーグレーディング-




→ 機材リストはこちら

[DIT] [ON-SET GRADING] shoot01

現在、映画/CM/PV等で使用されているデジタルビデオカメラは[RAW][LOG]と言った形式でデータ収録をするものがその大半を占めています。それらは多くの映像情報を残す事が出来るという反面、そのままでは撮影後の仕上がり・方向性が判断しづらいという面も持ち合わせています。
撮影現場に於いて我々DITは、それら[RAW][LOG]のデータを管理しつつLUT(Look Up Table)作成・付加などのオンセットグレーディングを行う事により、より適切な映像作りをお手伝いいたします。
又、撮影に使用するカメラ・記録時のデータ形式にあわせたアドバイスや、撮影時・撮影準備段階だけでなく、撮影から編集までの全体的なワークフローのご提案などもさせて頂きます。

   
shoot03 shoot02
[DATA MANAGEMENT]
撮影素材データの管理についても、ハードディスク等への単なる「ドラッグ&ドロップ」のデータコピーではなく、データクローン・管理専用のソフトウエアを使用し、安全・確実にデータを保存いたします。
   
shoot04 shoot05 shoot06
[COLOR GRADING]
DaVinciResolveControlSurface(DaVinci専用コントロールパネル)を備えたカラーグレーディングルームを
設置。REDROCKET-Xを実装、EPIC DRAGONの撮影データにも対応しました。
データサーバーをFlame/Avidと共有することにより、編集室とのスムーズなデータのやりとりが可能です。

 

Copyright (C) 2014 GZ-TOKYO All Rights Reserved.